トップページ > 著者プロフィール

著者プロフィール

山竹 伸二(やまたけ しんじ)
昭和40年(1965年)、広島県生まれ。
学術系出版社の編集者を経て、現在、心理学・哲学の分野で著述家・評論家として活動中。専門は現象学、実存論、精神分析など。十年以上前から、現代社会における心の病と、心理療法・カウンセリングの共通原理について、現象学的な視点から捉え直す作業を続けている。また最近では、看護や保育、介護などのケアの領域における原理的考察、子育て論などに関心を持っている。

1998年、哲学論文「自由と主体性を求めて」によって、第14回暁烏敏賞を受賞。2006年、処女作となる『「本当の自分」の現象学』(NHKブックス)を出版。2008年に竹田青嗣氏との共著『フロイト思想を読む』(NHKブックス)、2011年に『「認められたい」の正体』(講談社現代新書)、『本当にわかる哲学』(日本実業出版)、2012年に『不安時代を生きる哲学』(朝日新聞出版)を出版(2015年に中国語版が翻訳出版)。2014年に『子育ての哲学』(ちくま新書)を出版。2016年に『ヒトのココロがわかるフロイトの話』(日本文芸社)を監修。現在は『セラピーの正体(仮題)』(河出ブックス)を執筆中。

他に分担執筆として、『知識ゼロからの哲学入門』(幻冬舎)、『知識ゼロからのニーチェ入門』(幻冬舎)、『哲学がわかる本』(学研)、『哲学書で読む最強の哲学入門』、『高校生のための哲学・思想入門』などがある。また、『持続可能な社会をどう構想するか』(北大路書房)に「心理療法に共通原理はあるのか」を、『人間科学にとってエヴィデンスとは何か』に「質的研究における現象学の可能性」を執筆。

他に、雑誌『飢餓陣営37号』に「認められたい欲求からみた現代の若者のこころ」(大正大学における講演と精神科医・小林隆児氏との対談)、『飢餓陣営39号』に「『甘えとアタッチメント』書評」、『飢餓陣営40号』に「『発達障害と感覚・知覚の世界』書評」を掲載。

大阪経済法学科大学アジア太平洋研究センター客員研究員。2016年度より大正大学非常勤講師。朝日カルチャーセンター横浜にて、哲学・心理学の講座を担当している。