山竹伸二の心理学サイトトップ

【サイトについて】

このサイトは、心理学研究家、山竹伸二の著作活動や、精神分析、カウンセリングに関するコンテツを提供するサイトです。研究会などで発表した原稿のテクストデータの他に、このサイト独自のコンテンツなどを公開しています。山竹伸二の経歴は「プロフィール」を参照してください。サイトはリンクフリーです。

【新着情報】

●オンライン
「・発表著作と論文」に04.「心理療法に共通原理はあるのか?」を追加しました。(2010/05/21)

●お知らせ
[*執筆活動のお知らせ]
新刊『心理療法という謎』(河出ブックス)がでました。

WEDGEにこの『子育ての哲学』(ちくま新書)に関するインタビュー記事が掲載されました。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4258

不安時代を生きる哲学』(朝日新聞出版)発売中。不安をテーマにした哲学の入門的な本です。中国語での翻訳も刊行されています(中信出版集団より『不安時代的生存哲学』というタイトルになっています)。

「認められたい」の正体』(講談社現代新書)が重版決定。承認不安について現象学的に考察しています。12月の『ブルータス』に萱野稔人さんの書評が、また『そだちの科学17』に小林隆児さんの書評が出ています。

本当にわかる哲学』(日本実業出版)好評発売中。哲学を大きな流れのなかで把握できる入門書です。増刷(第3刷)が出ました。

人間科学におけるエヴィデンスとは何か』が新曜社から出版されました。(竹田青嗣・山竹伸二・西研・鯨岡峻・小林隆児の共著)。私は「質的研究における現象学の可能性」という原稿を書いています。

私が監修した『ヒトのココロがわかるフロイトの話』が日本文芸社より3月に刊行されます。初心者向きの本で、図や挿絵も豊富。おもにセブンイレブンなどのコンビニで販売されるようです。

[*公開講座のお知らせ]

朝日カルチャーセンター・横浜の講座「日本の心理臨床」を2016年4月より一年間、毎月第四土曜日の18時より行います(前期6回、後期6回)。日本における精神医療、心理臨床の領域を切り開いてきた精神科医や心理学者たちの理論を考察することで、今日の心の治療のあり方について考えていきます。日程は下記の通り。詳しくはhttps://www.asahiculture.jp/yokohama/course/b597289c-9212-40ea-ce88-56934ee9f8ba

4/23 日本の精神医療と心理臨床の歴史
5/28 森田療法の創始者―― 森田正馬
6/25 日本人における甘えの構造―― 土居健郎
7/23 ユング心理学と箱庭療法―― 河合隼雄
8/27 現象学と精神病理学―― 木村敏
9/24 フロイト研究とモラトリアム論―― 小此木啓吾

【後半の日にちとテーマ予定】
10/22 統合失調症、サリヴァン、風景構成法―― 中井久夫
11/26 ものぐさ精神分析と唯幻論―― 岸田秀
12/24 トラウマ理論とアダルト・チルドレン―― 斎藤学
1/28 発達障害ブームのゆくえ――  滝川一廣他
2/25 引きこもり論からラカンまで―― 斎藤環
3/25 心理臨床はどこへ向かうのか?

4月から大正大学にて非常勤講師を務めることになりました。
おもに哲学、心理学について講義していく予定です。

[ラジオ出演のお知らせ]
ラジオNIKKEIの「カイロスの選択」に出演しました。内容は「認められたいの正体」(講談社現代新書)についてのロングインタビュー。「木下ちゃんねるANNEX~カイロスの選択」のhttp://www.stitcher.com/podcast/annex/e/22399579?autoplay=trueより過去の放送を聞くことができます。

【最新コンテンツ】

04.「心理療法に共通原理はあるのか?」

2010/05/21

17.現象学的心理学の可能性

2009/07/22